お客様の声

【反響事例】豊橋駅からすぐそこ!焼き鳥店を手助け

こんにちは

東海エリア・名古屋を中心にホームページの制作

集客・販促など中心に飲食店支援をおこなう

株式会社フードコネクションのオガタです。

今回ご紹介するのは、愛知県豊橋市の

「げんこつやま」さん。

豊橋駅から徒歩7分ほどで、豊橋のソウルフード、錦爽どりを使用した焼き鳥やつくねなどといった絶品の焼き鳥とお酒が楽しめます!

仕事帰りやふらっと飲みに行く方や観光などでお店に迷われた方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

ホームページはこちら

http://www.genkotsu-toyohashi.com/

今回オーナーの白井さんにインタビューをさせていただきましたので

その様子をご覧ください。

フードコネクションのホームページを始める前の悩み事

白井さん:今でこそ味に対するダイニングタイプが流行っていたのでどうやって始めるのか
またこういった媒体はアンチでありながらもどうやるのかといった考えでした。

フードコネクションの提案を聞いてみた時の率直な感想は?

白井さん:寄り添っていただけるパートナーがいるのがいいなと思いました。

それと腹を割って話せる関係って中々ないので非常にそこには良いと思います。

 

数あるWEB会社の中でフードコネクションを選んだ理由は何でしょうか?

白井さん:来てくださった営業の方が非常に良い方で、それだけで選びました。

これまで来た営業の方と違った雰囲気の方なのでそれが決め手ですね。

 

制作後、一番変わったことは?

白井さん:ホームページを作ったことで、ほかの媒体を利用して無理にアピールしなくてよくなった事ですね。

 

フードコネクションの仕事で、満足している事

白井さん:パートナーとして色々相談できること。

困ったことも気軽に相談できることですね。

 

今後の目標、夢などはございますか?

白井さん:焼き鳥屋といったら「げんこつやま」だよねとお客様が思っていただけるようにしたいです。

 

白井さん、インタビューにご協力いただきましてありがとうございます!

店内の内装もすごく素敵で笑顔と焼き鳥で溢れるお店ですので是非足を運んでみてください!

本日はお忙しい中お時間いただきましてありがとうございます!

げんこつやま 〒440-0888

愛知県豊橋市駅前大通2-30-2

月~金曜日

11:30~13:30

17:00~23:00(L.O.22:30)
土曜日
17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日 日曜日・祝日

ホームページはこちら 

http://www.genkotsu-toyohashi.com/

中華バル

【反響事例】愛知県一宮市の中華料理店のブランディングで新規集客を支援

 

こんにちは。
東海エリア・名古屋を中心にホームページ等を活用した
集客・販促を中心に飲食店支援をおこなう
株式会社フードコネクションのシミズです。

今回は弊社のホームページ制作でブランディング集客に成功した中華料理のお店をご紹介します。

一宮市の中華料理「HAMACHO(ハマチョ)」さん

美味しい中華料理

今回ご紹介するのは、愛知県一宮市にある「HAMACHO(ハマチョ)」さん。

一宮駅前にある美味しい中華料理とお酒を楽しめる「中華バル」。間接照明の灯った雰囲気のあるおしゃれな店内、ビールやワインと一緒に楽しみたくなるような「お酒に合う中華」を楽しむことができます。

ホームページはこちら
http://www.cfb-hamacho.com/

ホームページ制作前の課題は「入りにくさ」

中華料理が多いエリアでありながら、大衆中華ではない「中華バル」といいう馴染みのないジャンルとこの隠れ家感ある外観で「新規顧客が取れない」というお悩みをお持ちでした。オーナーも「入りにくい雰囲気があるのは事実ですよね。」と自覚はあったものの、改装するわけにもいかずお悩みでした。

今回、ホームページを活用して「中華バルとはなにか?」「どんなお店なのか?」「どんなシーンに使えるのか?」などお店に入らないとイメージしづらい部分をオープンにしていくことで「中華バル」というジャンルの楽しみ方を一宮というエリアに発信することで新規集客という課題を解決することに成功しました。

それではオーナーシェフ佐竹さんへのインタビューをご覧ください。

最初にフードコネクションの話を聞こうと思ったきっかけは?

佐竹さん

栄で沖縄料理店を経営されているオーナーからの紹介が最初の出会いですね。その時はホームページで集客という考えすらなかったです。
 

フードコネクションのホームページを導入しようと思った理由は?

中華料理

お店をオープンして3年目の時で、しっかりお店のことを発信したいと思っていたのとすでにフードコネクションでホームページを作って成功していた先輩からの紹介があったというのは強かったですね。
 

制作されたホームページを見た時の感想は?

おしゃれな中華

決して安い金額ではないので契約時は正直不安はありました。ただ、完成した時は想像以上にビジュアル面がよかったので安心しました。
 

フードコネクションのホームページを使って1番変わったことは?

ブランディング

制作前と制作後では、売上がかなり違うのももちろんですが、大手ショッピングモールから「テイクアウトの商品を出さないか」と声かけしてもらったことが一番のインパクトでしたね。
 

他の飲食店さんへおすすめしたいですか?

中華バルとは?

まだホームページがないお店は作ったほうがいいと思います!
僕もホームページ制作の前は「ホームページで集客なんて」と半信半疑でしたが、「ホームページを見て電話しているんですが」という予約の電話が日に日に増えてきて驚きました。
先輩のプッシュと担当さんの提案を信じてよかったですね。
 
 
佐竹さん、インタビューへのご協力ありがとうございました。
スタッフもプライベートでお邪魔する「お酒が進む中華」、よかったら一度行ってみてはいかがでしょうか?おすすめです!
 
ホームページはこちら
http://www.cfb-hamacho.com/
 
 
ホームページで売り上げアップ

【反響事例】売り上げアップ・客単価アップに成功!名古屋錦の鮨屋がブランディングで成功した方法は?

 

こんにちは

ホームページ制作など、飲食店専門の総合支援会社「株式会社フードコネクション」。
ディレクターのニシホリです。

今回は弊社名古屋支店でブランディングのご支援をさせていただいたお店の成功事例をご紹介します!

今回、ご紹介するのは名古屋市にある「すし昇(すししょう)」さん。
錦エリアから丸の内エリアに移転されたばかり、ここ数年で名古屋の鮨好きで知らない人はいないほどの有名店になられたお店です。

ホームページはこちら
https://www.sushisho-97.com/

名古屋の鮨シーンを牽引している方の一人といっても過言ではない「すし昇」店主の伊藤さん。
担当のakiraさんとともに「鮨店のブランディング、売り上げ・客単価アップの裏側」についてお話を伺ってきましたので、その様子をご覧ください!

すし昇さんのブランディング成功事例
左:フードコネクションakira(以下:akira)
右:すし昇 店主伊藤さん(以下:伊藤さん)
(とても神聖な雰囲気の中でのインタビューに緊張感が漂います)

では、早速インタビューしていきたいと思います!

認知の課題を感じていたホームページ制作前

akira
昇平さん、いつもお世話になっています!大人気でお忙しいところお時間いただきありがとうございました。今日はすし昇さんの成功の裏側ということで、いろいろと振り返ってインタビューできたらと思いますので、よろしくお願いします。

伊藤さん
いえいえ、仕込みしながらですみません!遠慮なくいろいろ聞いていってください!

akira
ありがとうございます!
では早速、お店の創業当初のお話からお聞きしていきたいと思います。
まず、2017年9月に勤めていらっしゃったお店を独立、開店半年くらいのタイミングで出会いをいただきましたが、その当時のお店はどんな状況でしたか?

伊藤さん
独立したばかりで、いつか雑誌「大人の名古屋」に載るようなお店になりたいと思っていたんですよね。身近な先輩が独立してすぐに掲載されていて、「いいなあ」と思っていましたね。

その時、先輩のお店ホームページを見て「こんなホームページ欲しいな」と思って、「どこで作ったんですか?」と聞いたらフードコネクションだと知りました。

その翌日とかでしたよね?ちょうどakiraさんがお店に来てくれたのは。本当に偶然(笑)

akira
ホントですね(笑)たまたま立ち寄らせていただいた時に、追い返される覚悟でご挨拶したらそんな奇跡の出会いが待ってましたね。追い返されるどころか歓迎してくれたので本当に嬉しかった記憶があります。

今では絶好調のすし昇さんですが、当時(創業半年)は広告も全く打っていませんでしたよね。お店の状況はどうでしたか?

伊藤さん
元々は広告をかけずにやっていて、当然ネット上の情報もなく、認知されているわけもなくて「誰か俺のことを知ってくれ!」と思っていました(笑)

開店半年経って、お店を続けられるくらいにはなっていたんですが、今後のお店の展望に向けて次のステップに行かないといけないと感じていましたね。

当時は、飲食店が20店舗以上入っているビルの地下1F、少し入りにくいところにありましたし、近くに有名な高級鮨店さんがたくさんありました。だからと言って、グルメ媒体に毎月何万もかけるのも違うと思っていたし、お店にいきたいと思ってくれる人を増やしていくようなブランディングが必要だとは思っていました。

akira
本当に偶然のご縁と求めていたことが合致したという感じですね。

 

ホームページ完成後の効果やいかに?

飲食店ホームページの効果

akira
偶然の出会いを経て、いよいよホームページが完成したわけですが、ホームページ完成後どうでしたか?

伊藤さん
完成度に関しては本当に満足ですね。お店のスタイルを上手に表現してくれていると感じました。集客面でも「ホームページを見て来ました」という方、何かのついでではなくて「この美味しそうなウニを食べたくて来た」という目的の方が増えたのは本当に嬉しかったですね。5時間かけて写真撮影した甲斐がありました(笑)

ちゃんとしたホームページも完成したし、有料でもいいから雑誌「大人の名古屋」に掲載してもらおうかな?と悩んでいたところに、出版社の方から「ホームページを見たのですが、無料掲載しませんか?」とお声をいただきました。その時は本当にホームページをお願いしてよかったなと思いましたね。

それを皮切りに、他の雑誌からも掲載のオファーをいただくことができて、一気に知名度を上げられたなと体感できましたね。お店の売り上げもホームページ公開前と公開後だと2倍以上アップしましたし、客単価もかなりアップしました。

akira
売り上げ2倍はすごいですね。僕もそれを聞いて自分のことのように嬉しくなりましたよ。客単価が上がっていますが、それでも「高い」という口コミがないのは、お店のへ期待と価値がマッチしている証拠ですね。
もちろん、お店の努力があっての結果だと思いますが、本当にうなぎのぼりの大活躍ですよね。

 

フードコネクションを選んだ理由は?

ホームページで売り上げアップ

akira
名古屋にもホームページの会社はたくさんあると思うんですが、どうしてフードコネクションに依頼しようと思ったんですか?

伊藤さん
すでに成功されていた先輩がやっていたことは大きかったですね。あそこが任せているところなら大丈夫だろうと思いました。先輩のお店のサイトを見ても、写真や構成もとても良かったので、自分の伝えたいことを全て伝えてくれると感じましたね。

akira
すし昇さんのどんなところを伝えたいと思っていましたか?

伊藤さん
誰かを連れていきたいと思えるお店にしたい。誰かに紹介したいお店にしたい。そう思っていましたし、それは今でも変わらないですね。今はお客様に紹介いただけるようになりましたが、なかなか予約が取れなくて申し訳ないです(笑)

akira
そうですね。今では「予約の取れないお店」になりましたね!「紹介したくなるお店」という部分は、僕もご依頼いただいた時に色々と考えたところでしたね。お風呂の中で「どうしたらすし昇さんらしさが出るか…」とずっと考えてました(笑)

錦という土地柄、全国的に有名な高級鮨店さんも近くにいくつもありますし、ただ美味しいお店という立ち位置では来店動機としては弱く、すし昇さんの良さを表現しきれないと思っていたんですよね。そこで、伊藤さんの丁寧だけど気さくなキャラクターと当時の鮨業界でも珍しかったSNSを積極的に活用される姿勢というのを相乗効果にできる方法がはないかと考え「手渡しのウニ」のキラーコンテンツ化をご提案させてもらいましたね。

ホームページ公開後のアクセスデータを見ても、検索やSNSからの流入だったり、予約へのアクション数も申し分ないので、お手伝いさせていただいた人間としても嬉しかったですね。

伊藤さん
独立当初は「鮨屋として凛としていなきゃ」という気持ちはあったんですよね。鮨屋はSNSもやらないし広告も打たないみたいな。ただ、自分に合ったやり方は違うのかなと感じるようになったんですよね。もしかしたら、そう思えたからこそSNSも積極的に取り組めたし、ホームページも導入できて、その結果今があるのかなと思いますね。

akira
時代の変化が激しいからこそ、フットワークの軽さって大切ですね。僕もご挨拶させていただくお店の方にすし昇さんのお手伝いをさせていただいていることを伝えることもあるのですが、最近ではすし昇さんの活躍をご存知の方ばかりになって来ていて嬉しくなりますね。

 

すし昇さんの成功の秘訣とは?

成功の秘訣は?

akira
大活躍が業界でも注目されている伊藤さんですが、「なんでそんなにうまくいってるの?」と聞かれたり、相談されたりしないですか?

伊藤さん
されますね(笑)でもシンプルに「やりたいことをすぐにやる」ってことですよね。もちろん業界の常識も理解した方がいいですけど、自分の理想に向けて必要だと思えばそれを貫く気持ちって大切だなと思いますね。

akira
伊藤さんがおっしゃると説得力がありますね。僕も志をもってフットワーク軽く頑張ってきたいと思います。最後に伊藤さんの今後の目標を教えていただけますか?

伊藤さん
目標は一人になることです(笑)今は15名ほどの社員がいますけど、将来的には彼らスタッフが店を持って社長になるように分社化、現場を任せられるようにしていきたいですね。そうして最終的に残る自分の店は「究極のやりたい店」にしたいなと考えています。

akira
伊藤さんの「究極のお店」どんなものなのか気になりますね!ぜひまたその話も聞かせてください。伊藤さんの究極を一緒に実現していきましょう。

本日はお忙しいところお時間いただき本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!

フードコネクションakira
株式会社フードコネクション
加納章(かのうあきら)

名古屋市出身、飲食業界の現場経験も活かしながら、ミシュラン掲載店から町の居酒屋まで数多くのWEBプロモーション・コンサルティングを支援。集客や売り上げアップ以外にも、飲食店ならではの課題解決のお手伝いをしています。

撮影・文章
株式会社フードコネクション
ディレクター 西堀彰浩