新型コロナウイルス感染症発生の影響を受けられている飲食店のみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

補助金や助成金、融資のご相談ができる情報をまとめましたので、ご活用くださいませ。

※最終更新日:2020年6月19日

 

助成金の詳細は各自治体等の相談窓口へご連絡ください。

※弊社にて無料相談を承る事ができる助成金には、案内文を載せております。

 

助成金・補助金  新着情報(国:対象エリア全国)

◆2020年6月12日:特別家賃支援給付金制度の実施が決定

家賃の負担が重くのしかかる中、支援策として、

個人事業主:月額25万円(半年:150万円)※複数店舗の場合:月額50万円(半年:300万円)

中小企業:月額50万円(半年:300万円)※複数店舗の場合:月額100万円(半年:600万円)

の内容で家賃補助の実施をすることが決定しました。

◆2020年6月12日:雇用調整助成金の上限引き上げ・期間延長等の決定

申請書類の簡素化など特例措置がいくつか追加されている雇用調整助成金ですが、上限額が8,330円から15,000円まで引き上

げられ、特例措置期間も9月末までの延長、助成率が10/10に引き上げなどの特例措置が決定されました。

◆2020年5月27日:インバウンド需要回復緊急支援事業助成金が発表

農林水産省の令和2年度補正予算において、インバウンド需要を回復させるための助成事業の創設が決定。

補助上限:1,000万円(補助率:2分の1)

対象経費:衛生管理の徹底・改善を図るための設備・機器の整備や業態転換等を図る際の店舗の改装等の取組にかかる費用

農林水産省公式サイト

◆2020年5月22日:IT導入補助金の制度拡充が発表(ECサイト等:補助率4分の3・最大300万円)

新たにECサイトを始めるなどのIT化に向けた取り組みに対しての補助金。

※弊社にて販促及び申請サポートが可能でございます。

補助金解説サイト:https://www.foodconnection.jp/hojokin/ ※弊社まとめ

IT導入補助金公式サイト

◆2020年5月22日:小規模事業者持続化補助金 特別枠の制度拡充が発表(最大100万円+事業再開枠50万円)

テイクアウトやデリバリー対策はもちろん、幅広い販促に使える補助金。

※弊社にて販促及び申請サポートが可能でございます。

補助金解説サイト:https://www.foodconnection.jp/hojokin/ ※弊社まとめ

中小機構公式サイト

◆2020年5月1日:持続化給付金の申請受付が開始(中小企業200万円・個人事業主100万円)

前年対比で売上が50%減など所定の条件を満たした事業者に対しての給付金

給付金申請サイト

給付金概要

給付金申請方法の案内動画

 

助成金・補助金  新着情報(各地方自治体)

2020年5月29日:岡山県限定 企業活動継続支援補助金(補助率:3/4 上限:100万円)が創設
※中小企業の場合は、補助率:2/3

新型コロナウイルス感染症の拡大による売上減少などの影響から地域経済の持続性が損なわれているため、地域経済の持続性の確保に繋がる企業活動の維持・回復に向けた自発的な取り組みを行う中小企業等に対し、必要な経費の一部を補助する制度。

※申し込み受付期間は2020年5月29日~8月31日。予算額に達した場合、途中で終了します。

岡山県公式サイト

◆2020年5月28日:仙台市限定 地域産業応援金を6月の補正予算案で提出する事が発表

小規模事業者持続化補助金やIT導入補助金の採択事業者を対象に中小企業の事業主負担分をさらに仙台市が独自に助成する制度。詳細の制度発表は議会での可決後、6月中旬~下旬以降の見通し。

補助予定額:20万円~50万円

小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金の詳細はこちらのサイトで確認

仙台市公式サイト

◆2020年5月19日:東京都限定 テイクアウト・デリバリー助成金(業態転換支援事業)第2回申請受付開始

最大100万円の助成。新たにデリバリー・テイクアウト・移動販売を始める方向けの助成金。

※弊社にて販促及び申請サポートが可能でございます。

助成金概要の詳細記事

◆2020年5月18日:神戸市限定 神戸市内中小企業チャレンジ支援補助金を創設(補助率:4分の3)

最大100万円の助成。神戸市内中小企業が行う、新型コロナウイルス感染拡大の影響を乗り越えるための

「事業継続に向けた新たな取り組み」や回復期を見据えた「販路開拓」「新商品開発」などの売上向上を

目指す新たな取り組みを広く対象

神戸市公式サイト

◆2020年5月6日:岐阜県及び高山市独自の小規模事業者支援策情報を追加

新型コロナウイルスの影響で新しく非対面型ビジネス等への取り組みを行う事業者への補助金を設置。
※弊社にて販促及び申請サポートが可能でございます。

岐阜県:かかる経費の3分の2(最大150万円)

岐阜県公式サイト(制度紹介)

高山市:小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・岐阜県小規模事業者持続化補助金の事業主負担分を全額補助。
※これにより、実質消費税の支払いだけで販促の実施が可能。
高山市公式サイト(制度詳細)

 

 

 

フードコネクションでは、飲食店の皆さまにとってこのような役にたつ情報をメールでお届けします。

下記より登録をお願い致します。

登録フォームはこちら

 

また、フードコネクションにて、全国のテイクアウトマップを作りました。

登録は無料です。
1分で登録できますので、すぐにご登録ください。

 

 

資金繰りに関する融資経路

現在、多くの融資制度の紹介がなされております。

主な融資経路は下記の4つが挙げられます。

1)日本政策金融公庫

2)商工組合中央金庫(商工中金)

3)各金融機関

4)各地方自治体(都道府県・市町村独自の経済支援策)

 

目次

◆国の支援策(融資・助成金・補助金・給付金)
1)融資
2)雇用維持・従業員保護
3)家賃補助
4)販促費助成

◆地方自治体の支援策(融資・助成金・補助金・給付金)
1)都道府県別支援策まとめ

その他の情報・助成金

◆新型コロナウイルス対策法
1)新型コロナウイルスの影響に強い業態&飲食店の特徴まとめ
2)Withコロナ・Afterコロナにおける飲食店と今後の戦略
3)Withコロナ・Afterコロナを勝ち抜くテイクアウト対策法

 

資金繰り支援内容一覧(経済産業省)

◎新型コロナウイルス関連の経済産業省の支援内容一覧

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/shikinguri_list.pdf

◎新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者支援としての相談窓口一覧

https://www.meti.go.jp/press/2019/01/20200129007/20200129007-1.pdf

相談窓口に実施している融資をまとめております。

日本政策金融公庫

◎日本政策金融公庫サイト

https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html

◎融資内容

1)生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付
・融資限度額:6,000万円(特定要件を満たすと実質無利子化が可能)
・詳細:日本政策金融公庫サイト

2)新型コロナウイルス対策衛経(拡充)
・融資限度額:通常枠とは別に1,000万円(特定要件を満たすと実質無利子化が可能)
・詳細:日本政策金融公庫サイト

3)衛生環境激変対策
・融資限度額:通常枠とは別に1,000万円
・詳細:日本政策金融公庫サイト

4)新型コロナウイルス感染症特別貸付(特定要件を満たすと実質無利子化が可能)
・融資限度額:3億円
・詳細:日本政策金融公庫サイト

5)セーフティネット貸付
・融資限度額:4,800万円(中小事業の場合は7億2,000万円)
・詳細:「個人事業主または資本金1000万円未満の法人の方
資本金1,000万円以上の法人の方

 

商工組合中央金庫等

◎商工組合中央金庫サイト

https://www.shokochukin.co.jp/

◎融資内容

1)危機対応融資(特定要件を満たすと実質無利子化が可能)
・融資限度額:3億円
・詳細:商工組合中央金庫サイト

 

民間金融機関・各信用保証協会

直接の融資制度ではありませんが、民間金融機関からの融資の際に使える制度を紹介いたします。

◎制度内容

・セーフティネット4号
・セーフティネット5号
・危機関連保証

・概要売上の減少幅等に応じて、借入債務の80%または100%を信用保証協会が保証してくれる制度
※特定要件を満たすと「保証料・無利子化」が可能。
・詳細:中小企業庁サイト

 

雇用維持・従業員保護(厚生労働省)

厚生労働省が実施している助成金を紹介いたします。

 

雇用調整助成金

従業員を休ませて休業手当を支払った場合に、一定額を国が助成する制度。

主な内容は下記の通りです。

①昨年同月対比で売上高が5%以上の減少した企業が対象。

②会社都合の休業になるので、平均賃金の60%以上の補償をすること。

③休業手当に対しての4/5(大企業は1/2)が助成金で支給。(上限:1人あたり8,330円/日)
※解雇等を行わない場合は、中小企業は9/10、大企業は3/4を助成。

④雇用保険被保険者のみが対象。雇用保険非加入者については、別の助成金で同様に助成があります

 

★5月1日に新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例が追加実施★

 

最新の制度概要は、厚生労働省のサイトでご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

 

◎関連リンク

■概要の説明動画

■全国社会保険労務士会連合会による解説動画

■よくある質問や申請書類(リンク先の「申請手続き」欄にてご確認ください)

■雇用調整助成金に関する主な問い合わせ先一覧

 

緊急雇用安定助成金

雇用調整助成金の「雇用保険非加入者版」の助成金制度です。

支給単価の計算方法が雇用調整助成金と一部異なりますが、その他の点は大きな違いはありません。

 

◎関連リンク

■支給要領(リンク先の「申請手続き」欄の「緊急雇用安定助成金支給要領」にてご確認ください)

 

 

家賃補助

個人事業主、中堅・中小企業の方など幅広く支援するために、家賃負担軽減の為の給付金制度が、6月12日に決定。

特別家賃支援給付金

◆対象

1)中堅・中小企業や個人事業主

2)業種の制限はなし

3)前年対月比50%以上もしくは3ヶ月の売上が30%以上減少した事業者

◆給付内容

1)6月以降の最大半年間の家賃について3分の2を国が助成

個人事業主:月額25万円(半年間:最大150万円)

中堅・中小企業:月額50万円(半年間:最大300万円)

2)複数店舗経営の方など家賃総額が高い方にはさらに上限を超える部分に例外措置

個人事業主:月額50万円(半年間:最大300万円)

中堅・中小企業:月額100万円(半年間:最大600万円)

※「1」の上限を超える部分については、補助率は3分の1

◆公募要領発表(予定)

6月下旬~7月初旬

◆申請受付開始(予定)

7月初旬

◆給付目安時期(予定)

7月以降順次

令和2年度補正予算の内容

 

販促費助成

テイクアウト・デリバリー・通販等をはじめ、販促を行う際に負担を抑える為に助成金・補助金制度があります。

現在は、特に、「新しく」「非対面型(非接触型):デリバリー・通販など」に対応する企業に対しては、助成金の

限度額の引き上げや過去分も申請できるなどの優遇がなされております。

 

小規模事業者持続化補助金(弊社にて販促及び申請サポートが可能)

幅広い販促物について、かかる経費の3分の2(最大50万円:特別枠100万円)が補助される制度。

5月22日にコロナ特別枠の制度拡充がなされました。

特定条件の申請は、かかる経費の4分の3(最大100万円)と補助率が変更。

その他にも、「事業再開枠」として、別枠で最大50万円(補助率100%)の枠が創設。自粛期間明けの

営業に向けて、マスク・除菌・間仕切り等の業態別ガイドラインに沿った感染拡大防止策に対しての経費を補助するもの。

 

◆制度詳細記事:https://www.foodconnection.jp/information-8/

◆補助金解説サイト:https://www.foodconnection.jp/hojokin/

◆中小機構:https://www.smrj.go.jp/news/2020/favgos000000k9ri.html

 

IT導入補助金(弊社にて販促及び申請サポートが可能)

ECサイトの新規導入などIT化のために、かかる経費の3分の2(特別枠450万円)が補助される制度。
※ECサイトでの補助限度額は300万円です。

5月22日にコロナ特別枠の制度拡充がなされました。

特定条件の申請は、かかる経費の4分の3(最大300万円)と補助率が変更。

 

◆制度詳細記事:https://www.foodconnection.jp/information-8/

◆補助金解説サイト:https://www.foodconnection.jp/hojokin/

◆IT導入補助金公式サイト:https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/

 

業態転換支援事業助成金(弊社にて販促及び申請サポートが可能)

東京都限定のデリバリー・テイクアウト対策等への助成金。

東京都に本社があり、都内で飲食事業を営んでいる企業が対象。

※かかる経費の5分の4(最大100万円)が助成金として出る制度です。

◆制度紹介

https://www.foodconnection.jp/information-8/

 

新型コロナウイルス感染症対応事業者応援補助金(弊社にて販促及び申請サポートが可能)

岐阜県限定のデリバリー対策等の非対面型ビジネスモデルへの取り組み等に対する助成金。

※かかる経費の3分の2(最大150万円)が助成金として出る制度です。

◆制度紹介

https://www.gpc-gifu.or.jp/fund/challenge/index.asp

 

中小企業生産性革命推進事業補助金(弊社にて販促及び申請サポートが可能)

高山市限定の補助金で、国または県の制度と併用する事で、消費税分のみでECサイト制作などの販促を実施できる。

※小規模事業者持続化補助金またはIT導入補助金の特別枠、岐阜県の新型コロナウイルス感染症対応事業者応援補助金で補助されない事業者負担分を市が補助する制度です。

◆制度紹介

https://www.city.takayama.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/147/shiryou0420-8.pdf

◆小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金(弊社まとめ)

https://www.foodconnection.jp/hojokin/

 

 

各自治体の支援制度まとめ

※以下は一部です。詳しくは各自治体にお問い合わせください。

 

・北海道

新型コロナウイルス関連肺炎の流行に伴う中小企業向け融資制度のごあんない

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/korona.pdf

 

・青森県

ビジネスサポート販路開拓補助金(新型コロナウイルス感染症対策特別枠)
(補助率:2/3 上限:20万円)

販路拡大・取引拡大・新販路に適した商品開設等にかかる経費に対する助成
※印刷物製作、ホームページ制作・修正・広告宣伝費などが主な対象

https://www.21aomori.or.jp/kaitaku/31hojokin.html

 

・宮城県

新型コロナウイルス感染症に関する中小企業者等向け相談窓口の設置について

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/chukisi/corona.html

 

・福島県

新型コロナ感染症の影響による特別労働相談窓口について(福島労働局)

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32011c/singatakoronaroudousoudan.html

 

・秋田県

県及び商工団体等で新型コロナウイルスの流行に伴う中小企業・小規模企業者向け相談窓口を開設しています

https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/47236

 

・埼玉県

経営あんしん資金(新型コロナウイルス特例)のご案内(令和2年2月19日から運用開始)

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0805/seidoyushi/07j-corona.html

 

・千葉県

新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業者に対する金融支援について

https://www.pref.chiba.lg.jp/keishi/ncov/colona2.html

 

・神奈川県横浜市

経済変動対応資金(新型コロナウイルス)

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kigyoshien/yushiseido/jyouken/keizeihendou-korona.html

 

・静岡県

経済変動対策貸付(新型コロナウイルス感染症対応枠)

http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-540/seido/korona.html

 

・愛知県

新型コロナウイルスに関連した肺炎の感染拡大による影響を受けている中小企業者への金融支援を強化します

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kinyu/yushi0214.html

小規模事業者経営革新支援事業費補助金(補助率:2/3 上限:100万円)

経営計画を策定し、それに伴って新商品の開発や販路開拓などにかかる経費への助成
※印刷物製作、ECサイト構築、広告宣伝費などが主な対象

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kinyu/shienhojokin2020.html

 

◎長久手市

長久手市飲食店新型コロナウイルス感染症対策補助金(補助率9/10 上限:10万円)

小規模事業者が4月1日以降に新たにテイクアウト・デリバリーに参入する経費への助成
※印刷物製作、ホームページ制作・修正・広告宣伝費用などが主な対象
※4月1日以前の経費については、要問い合わせ

https://www.city.nagakute.lg.jp/tatsuse/sangyo/covid_insyokuten_hojyo.html

 

・岐阜県

新型コロナウイルス感染症対応事業者応援補助金(補助率:2/3 上限:150万円)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、岐阜県内に主たる事務所を有する小規模事業者の事業継続に対する新たな取り組みへの助成
※国の小規模事業者持続化補助金との併用は不可

https://www.gpc-gifu.or.jp/fund/challenge/index.asp

 

◎高山市

中小企業生産性革命推進事業補助金

小規模者持続化補助金・IT導入補助金・岐阜県の新型コロナウイルス感染症対応事業者応援補助金で事業者負担となる分について全額助成。
※国・県の補助金との併用が可能な為、消費税分以外は事業者負担なし
※国または県の補助金との併用が必須。

小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金(弊社まとめ)
新型コロナウイルス感染症対応事業者応援補助金

 

・福井県

小規模事業者テイクアウト・デリバリー参入促進事業助成金(補助率:1/2 上限:10万円)

小規模事業者が4月1日以降に新たにテイクアウト・デリバリーに参入する経費に対する助成
※印刷物製作、ホームページ制作・修正・広告宣伝費用などが主な対象

https://www.shokokai-fukui.or.jp/content/takeout%EF%BD%A5delivery.html

 

・京都府および京都市

新型コロナウイルス対応緊急資金

http://www.pref.kyoto.jp/shogyo/news/documents/coronatirashi.pdf

 

・大阪府

新型コロナウイルス感染症対応緊急資金

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/attach/hodo-37332_4.pdf

 

・和歌山県

和歌山県中小企業融資制度のご案内

https://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/press_animation/press_animation_backn_d/fil/020203_8.pdf

 

・奈良県

新型肺炎の影響を受けた中小・小規模事業者への金融支援について

http://www.pref.nara.jp/item/222881.htm

 

・岡山県

企業活動継続支援補助金(補助率:3/4 上限:100万円)※中小企業の場合は、補助率:2/3

新型コロナウイルス感染症の拡大による売上減少などの影響から地域経済の持続性が損なわれているため、地域経済の持続性の確保に繋がる企業活動の維持・回復に向けた自発的な取り組みを行う中小企業等に対し、必要な経費の一部を補助する制度。

※申し込み受付期間は2020年5月29日~8月31日。予算額に達した場合、途中で終了します。

http://www.kura-cci.or.jp/post-3825/

 

・鳥取県

緊急応援補助金(補助率3/4 上限:50万円)

最近3か月の売上高が前年対比で落ち込んでいる企業の新商品開発・販路開拓などにかかる費用への助成
※マーケティング戦略費・商品開発費・広告宣伝費など幅広い経費が対象
※委託先は原則鳥取県内の事業者であり、県外の事業者への委託の場合は事前に県の承認が必要。

https://www.pref.tottori.lg.jp/291415.htm

 

頑張ろう「食のみやこ鳥取県」緊急支援事業(補助率:10/10 上限:10万円)

新型コロナウイルス感染症対策として、事業や雇用を継続する取組や県産農林水産物を活用した取組等にかかる経費に対する助成
※印刷物製作、ホームページ制作・修正・広告宣伝費、新人の研修費用などが主な対象

https://www.pref.tottori.lg.jp/291280.htm

 

・山口県(長門市)

新型コロナウイルス感染症対応支援事業補助金(10/10 上限:50万円)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う景気減退に打ち勝つために中小事業者又は中小事業者グループが実施する事業に対し補助金を交付
※新たに宅配サービスを開始するなどの現状打破の為の取組みが対象

https://www.city.nagato.yamaguchi.jp/soshiki/13/30531.html

 

・福岡市

経営安定化特別資金(一般枠)

https://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/keieishien/index.html

 

・熊本県

熊本県中小企業融資制度(売上減少対策等)のご案内

https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=30638&sub_id=4&flid=222597

 

・宮崎県

「ジモ・ミヤ・ラブ」フードデリバリー事業支援補助金
(2/3 上限:30万円)※複数の場合は30万円×店舗数。最大200万円が上限。

単独又は複数の飲食店等で共同して県内でデリバリー事業を展開しようとする飲食店等に対しての助成。
※容器代やチラシ、広告宣伝費用、一部人件費などが主な対象

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/sangyoseisaku/shigoto/foodbusiness/20200428093135.html

 

・鹿児島県

デリバリー・テイクアウト参入支援事業補助金(1/2 上限:10万円)
※特定条件の派遣労働者の受け入れを行った場合は「10/10 上限:20万円」

デリバリー又はテイクアウトに参入する飲食店等に対する助成。
※容器代、印刷物製作、ホームページ制作・修正・広告宣伝費などが主な対象

http://www.pref.kagoshima.jp/af21/sangyo-rodo/syoko/delivery_takeout.html

 

・沖縄県

新型コロナウイルス感染症で影響を受けた事業者に対する中小企業セーフティネット資金の適用について

https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/shoko/keiei/kinyu/singatakorona.html

 

その他の情報・助成金

【新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)】

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html?fbclid=IwAR2sMj1bAmDwjVkuoiNetUPb1JzN_4I7G3rZZxWuGaJhSgIqvuVqeykHanQ

 

【小学校などの臨時休業に伴う保護者の休暇取得の助成金】

①年次有給休暇とは別に、有給の休暇を取らせる。

特別休暇として、会社は賃金の全額補償をすること。
②休暇中に支払った賃金相当額の100%を助成金で支給

上限8330円

③雇用保険加入、非加入を問わず対象

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

 

【テレワークを推進するための助成金】

①新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規で導入する中小企業事業主

②テレワーク用通信機器の導入・運用  就業規則・労使協定等の作成・変更 等を実施

③ ②にかかった費用の1/2  1企業当たりの上限額:100万円

https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000602479.pdf

 

【休暇の取得促進の助成金】

①新型コロナウイルス感染症対策として休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主

②就業規則等の作成・変更 労務管理用機器等の購入・更新 等を実施③新型コロナウイルスの対応として労働者が利用できる特別休暇の規定を整備すること

④ ②にかかった費用の3/4 上限額:50万円

https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000602479.pdf

 


新型コロナウイルスの影響に強い業態&飲食店の特徴まとめ①

参入障壁が高いデリバリー向きの取り組みが効果的!

実際には、お店ごと、地域ごとに異なるので一概には言えないのですが、弊社のお客様や市場動向から判断すると「仕出し」を行っているお店(特に慶事に強いお店)が売上・利益ともに好調に伸ばしている傾向があります。その他、詳しくは別の記事にて紹介をしております。

https://www.foodconnection.jp/information-12/

 


Withコロナ・Afterコロナにおける飲食店と今後の戦略

自粛期間明けの消費動向等から見る今後に向けた対策

緊急事態宣言も明け、営業の再開。段階的な営業時間の延長と徐々にではありますが、活動を再開した飲食店も多いかと思います。その一方で、来店売上が中々安定しない・売上が戻るまでには至らないというお話もよく伺います。そういったご相談をいただく事も多くなっておりますので、僭越ながらブログにて記事を書かせていただきました。

【記事の内容】

◆来店売上はもう戻らない
◆現時点で飲食店が行うべき対策
◆テイクアウト・デリバリー・宅配・通販を成功させる重要なポイント

https://www.foodconnection.jp/information-21/

 


Withコロナ・Afterコロナを勝ち抜くテイクアウト対策法

第2波・第3波、会社宴会減など今後に備える為のテイクアウト

弊社ではコロナ禍におけるテイクアウト対策法の記事・動画を公開しております。少しでもお役立ていただける情報となっておりましたら幸いです。

【記事・動画の内容】

◆テイクアウト需要の動向
◆テイクアウトで狙える効果
◆販促戦略

ブログでご覧になりたい方はこちら:「Withコロナ・Afterコロナを勝ち抜くテイクアウト対策法」
動画でご覧になりたい方はこちら:「YouTube無料動画:個人店のミカタLAB」

 


フードコネクションから情報をお届けします。

フードコネクションでは、飲食店の皆さまにとってこのような役にたつ情報をメールでお届けします。

下記より登録をお願い致します。

登録フォームはこちら

 

コロナ対策記事

>第二弾「飲食店向け新型コロナウイルス対策【第2弾】感染防止へ!衛生管理のプロが予防対策を指南!

>第三弾「【ご自由にお使いください】コロナ対策の第3弾は地元の飲食店から日本を元気にするポスターを無料配布いたします」へ

>第四弾「【ご自由にお使いください】新型コロナウイルス感染症対策の第4弾は飲食店向け「デリバリー&テイクアウト」ロゴマークの無料提供

>第五弾「料飲店等期限付酒類小売業免許の手続き方法」はこちら